読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図描きの備忘録

日々の業務の時間短縮。残業しないで帰る事を目指し、悪戦苦闘中。AutoCAD、Lisp、効率化、自動化、合理的、プログラミング、資産運用勉強中

【簡単プロ並】iPhoneで桜を綺麗に撮る方法

iPhoneの標準カメラの小技

こんにちは!

エカキオです!

今日からとても暖かい陽気となって来ましたね。

今週末辺り、お花見をされる方は多いのではないでしょうか?


ekakio.hatenablog.jp

今回ご紹介するのは、お花見の時に役立つiPhoneを使って綺麗に桜を撮る方法をご紹介します。

スマホとはとても便利ですね。

画質もデジカメに遜色ないほど向上してきていますし。

特にiPhoneのカメラはシンプルで、余分なメニューがないので、使いやすいですよね。

それでは、早速撮り方を見ていきましょう。


接写とAE/AFロックを使う

接写とAE/AFロックという機能を使いましょう。

デジカメなどでは、よく使われると思いますが、iPhoneでも出来ちゃいます。

下に用語の説明を示します。

接写

接近した至近距離で被写体を写します。
よくデジカメなどでは、チューリップのマークのモードがそれに当たります。

正確に言うと、iPhoneの機能は接写ではないかもしれませんが、近しい効果は得られます。

ただ、寄りすぎるとボケちゃうので、近すぎず、遠すぎず、周辺の景色がボケるところを狙ってください。

AE: 自動露出(Auto Exposure)

カメラで写しているものに合わせて、露出(写真の明るさ)を自動で決めてくれる機能になります

AF: オートフォーカス(Auto Focus)

カメラで写している中で、ピントを自動で合わせてくれる機能になります。

AE/AFロック

上記2つの機能を固定して、カメラを動かしても同じ状態を保ってくれます。


実際に撮ってみる

カメラを起動します。


ピントを合わせたいところをタップです。
被写体に寄ってみたり、遠ざけたりしながらタップを何度かしてみて、ピントが合うところを探してください。


ピントが合って、周りの景色も程よくボケたら、そのまま長押しにするとAE/AFがロックされます。



そのあとはカメラを動かしても、明るさ、ピントはあったままです。



良いところでシャッター!!



はい、こんな感じ。

んー、微妙。笑

違うんです、スクリーンショットを使いながらですね、人通りを気にしながらやったらこうなってしまったのです。
(必死な言い訳が痛い)


アプリで更に綺麗に

ちょっと、ズルをして補正します。

iPhoneの写真アプリの中の編集でも出来ますが、今回はこちらのアプリを使います。


まずは写真を選びましょう。

「自分のiPhoneで」

を選びます。



その後、写真を選択してください。


今回はあまり複雑な操作をしないので、誰でも簡単に綺麗に出来ると思います。


画像が開かれたら↓の自動補正とフィルターの「春」を選択してください。



以上です。


保存します。




うむ、さっきより良くなったはず。


慣れてくれば、フレームを付けたりセピア色に加工したり、コントラストいじったり、明度変えたり、

色々アレンジ出来るので探究してみてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhoneをお持ちの方であれば、比較的簡単な作業で、綺麗に撮れませんか?

ぜひマスターして頂いて、綺麗な写真をたくさん撮りましょうー!


それでは、この辺で。


エカキオ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...