読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図描きの備忘録

日々の業務の時間短縮。残業しないで帰る事を目指し、悪戦苦闘中。AutoCAD、Lisp、効率化、自動化、合理的、プログラミング、資産運用勉強中

AutoCADで時短 - 10 - フィールドで自動更新

自動更新機能

こんにちは!

エカキオです!

今回の記事では、データ内に存在する様々なプロパティを抽出し、変更があると自動的に更新する「フィールド」というコマンドについてご紹介です。


例えば、このツールを使うことで、ポリラインの形を変形すると、自動的に面積の値を抽出し、文字データを更新してくれたり、大変便利なツールとなっております。


ダイアログを使って、奥深くまであるので、今回は図解で進めます。

色々キャプチャなど、ネタを仕込むのに時間がかかってしまってすみません。
(言い訳です)


では、さっそく。


フィールド作成の手順

ポリラインの面積と周長を示すフィールドの作成手順を例にあげて説明します。

まずは、図面を書いてください。


「FIELD」コマンドを入力。
ダイアログが出ます。


「フィールド分類」からオブジェクトを選択します。


対象のオブジェクトを選択し、
抽出したいプロパティも選びます(今回は面積)



そしてOK。



面積が出ました!
グレーの背景になっている部分はフィールドを使っていますという印です。
印刷には影響しないので、気にしない。


選択するとマルチテキストになっていますので、フィールドを編集するには、マルチテキストの中のフィールドをダブルクリックです。


同じ要領で、周長も表示しましょう。



出来ましたね。

では、ポリラインをストレッチして変形してみます。

変形後に「REGEN」コマンドで再作図です。(ショートカットは「re」)


面積と周長が変わりました!


オブジェクトのプロパティだけじゃない

「フィールドの分類」にはオブジェクト以外のプロパティについても選択可能です。

「フィールド分類」を「ドキュメント」にすれば、ファイル名だったり、保存日なんてのも抽出することが出来てしまうわけですね。

非常に便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フィールドを使いこなすことによって、変更が多い図面には対応しやすくなります。

色々なプロパティを試して、自分なりのフィールドの使い方を開拓してください。


それでは、この辺で。


エカキオ


描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT 操作ハンドブック 2015/2014/2013/2012/2011対応

描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT 操作ハンドブック 2015/2014/2013/2012/2011対応

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...