図描きの備忘録

日々の業務の時間短縮。残業しないで帰る事を目指し、悪戦苦闘中。AutoCAD、Lisp、効率化、自動化、合理的、プログラミング、資産運用勉強中

図面のPDFで印刷する時にお願いしたいこと

図面を見る時に重要なこと

こんにちは!

エカキオです!

建築関連の仕事をする上で図面は欠かせないものですが、最近よく見る事象について
困っていることがあります。


図面での打合せの中、寸法を当たります。


尺度があっていない・・・・・(ノースケール)

建築関連の人に説明する必要はないと思いますが、図面で打合せをする上では、
三角スケールで測れる尺度での出力を切に願います。

1/12とか1/15は百歩譲っても、1/600や1/300のスケールを倍なり、半分なりに
すれば測れますが、

1/96とかそういう中途半端な尺度は勘弁して頂きたいです。
(もはやそれは尺度とは言えないです)


原因

なぜそのような事が起きてしまうか。

それは以下の様な原因が考えられます。

  • コピー機が故障している。
  • CADから印刷するときの設定が悪い
  • PDFから印刷するときにフィットさせている


恐らく多くの場合、PDFからの印刷が原因です。
CADを使用している方が、印刷するときにノースケールで出すことはあまりありません。
(そんなこともない?)

普段意識していない方も実はノースケールで印刷している可能性がありますので、
設定を今一度見直してみてください。


PDFの印刷時の設定

これはPDFを開くソフトやバージョンによっても変わりますが、

共通してある設定かと思いますので、確認してみてください。

見る点は1つ。

「合わせる」「用紙サイズに合わせる」「フィット」などの設定はしない。

「実際のサイズ」「拡大・縮小しない」「そのまま」など100%サイズの設定に合わせてください。


それだけの設定ですので、図面を印刷する際にはお気を付けください。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

知らぬ間に、ノースケール図面出していませんか?

現場を施工する方は、図面に三角スケールを当てるより書いてある寸法値を
見ることが多いかもしれませんが、設計者はスケールを当てて検討をしたがります。

出来れば、スケールを合わせた図面をお願いします!!


それでは、この辺で。


エカキオ


ekakio.hatenablog.jp
ekakio.hatenablog.jp
ekakio.hatenablog.jp

図面って、どない読むねん! LEVEL00―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック

図面って、どない読むねん! LEVEL00―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

図面って、どない描くねん!―現場設計者が教えるはじめての機械製図

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...